2021.5.17
攻撃ビリーブのポイント設定 種類増加に関して

  • この度、攻撃ビリーブのポイント対象として『四死球(1pts)』、『犠打犠飛(1pts)』、『盗塁(1pts)』が追加されます!

    例:今まで
    攻撃ビリーブでメダル200枚で、Hit3本+HR1本+得点2点だった場合

     ビリーブ   Hit数    HR    得点
      200 × ( 3×2pts + 1×2pts + 2×5pts )= 3,600メダル獲得

    変更後
    攻撃ビリーブで200枚で、Hit3本+HR1本+得点2点+四球1だった場合

     ビリーブ    Hit数    HR    得点    四球
      200 × ( 3×2pts + 1×2pts + 2×5pts + 1×1pts )= 3,800メダル獲得

    現在は獲得メダルが0で終わってしまっているイニングも、今回の攻撃ビリーブのポイント計算変更により、メダル獲得のチャンスがあります!

    2021年4月22日に行われた巨人対阪神戦の6回裏を例とすると
    現在までは、
    攻撃ビリーブ200ビリーブを行いましたが、Hit0本+HR0本+得点0点だったため

     ビリーブ   Hit数     HR     得点
      200 × ( 0×2pts + 0×2pts + 0×5pts )= 0メダル でしたが、

    変更後は、攻撃ビリーブ200ビリーブをして、Hit0本+HR0本+得点0点でしたが、四死球2つ+犠打犠飛1つ+盗塁1つ行われたため

     ビリーブ   Hit数     HR      得点    四死球    犠打犠飛  盗塁
    200 × ( 0×2pts + 0×2pts + 0×5pts + 2×1pts + 1×1pts + 1×1pts )= 800メダル獲得 ができます!

    攻撃ビリーブのポイントを増やし充実させることにより、さらなる「野球を読む」こと、「目利き」を楽しんでいただければと思います。

    攻撃ビリーブのポイント追加設定は、5月18日の巨人対広島戦より適用されます。

    なお、5月18日以前のすでに試合が終了しているビリーブ・獲得メダルに関しましては攻撃ビリーブの変更は発生いたしません。

    引き続きINNING KINGをよろしくお願いいたします。
  • 一覧へ戻る