INNING KING―利用規約

 この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社読売新聞東京本社と株式会社Neo Sports(以下、「共催する両社」といいます。)が提供する 「INNING KING」「1on1・対戦」「背番GO BINGO」を含むゲームサービス全般(以下、「当サービス」といいます。)に関する事項を定めたものです。 当サービスを利用する方(以下、「ユーザ」といいます。)は、本規約に同意して頂く必要があります。

第1条(本規約)

  1. 本規約は、当サービスの利用に関して、共催する両社とユーザとの間の権利義務関係を定めることを目的とします。当サービスを利用したユーザは、本規約に同意したものとみなされます。
  2. 共催する両社が当サービス又は共催する両社のウェブサイト、その他の場所に掲載する、当サービスの利用方法、利用条件、利用上の注意、その他当サービスの利用に関する事項等は、全て本規約の一部を構成するものとします。

第2条(利用資格・ログイン)

  1. 当サービスは、日本国内向けのサービスです。共催する両社は、日本国外から当サービスにアクセスする行為について、制限を行うことができるものとします。
  2. 当サービスの利用にあたっては、2種類の登録・ログイン方法があります。 1つは、ソーシャルメディア各社(LINE、Google、Twitter)のアカウントを利用したID連携機能で 当サービスに必要な事項を登録してログインする方法で、もう一つは、当サービスにてID(メールアドレス)とパスワードを登録し、 その後もそのIDとパスワードを利用してログインする方法です。
  3. 登録・ログイン方法の詳細については、当サービスのウェブサイトに掲載する利用方法をご確認ください。
  4. ユーザが使用できるIDは、一人につき一つです。 複数のユーザが同じIDを使用したり、同じユーザが複数のIDを使用したりすることはできません。

第3条(IDの管理)

  1. 当サービスのログインに使用するIDやパスワードは、ユーザが自己の責任において適切に管理、保管及び使用するものとします。
  2. ID又はパスワードの管理、保管及び使用に関連して万一ユーザが損害を被り、又は第三者に損害を被らせたとしても、共催する両社は一切の責任を負いません。

第4条(当サービスの利用方法)

 ユーザは、当サービスのウェブサイトに掲載する利用方法に従って、当サービスを利用するものとします。

第5条(料金)

 当サービスは無料で利用できます。当サービスでは、名目の如何を問わずユーザからは一切の対価を頂きません。

第6条(賞品)

  1. 当サービスでは、消費者庁が所管する景品表示法の規制の範囲内でユーザに対して賞品を提供する場合があります。
  2. 賞品提供の条件、方法、その他具体的な内容については、当サービスのウェブサイトにて定めます。
  3. 当サービスが定める賞品提供の条件を満たさない場合や本規約の第7条(禁止事項)に該当した場合、当選は無効といたします。

第7条(禁止事項)

 ユーザは、当サービスの利用に当たり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはいけません。

  • (1)当サービスに掲載されている写真、画像、文章、データ、その他のコンテンツを共催する両社又は権利者に無断で利用する行為。
  • (2)当サービスを利用又は当サービスに関連した賭博行為、ノミ行為、ゲーム、大会、営業、その他ユーザ個人としての利用を超える行為。
  • (3)当サービスで獲得したメダル又は当サービスのIDアカウントそのものを売買又は交換する行為。
  • (4)BOT、チートツール、その他のプログラムや技術的手段を利用して当サービスを操作する行為。
  • (5)公平なゲーム性を阻害する行為。
  • (6)賞品を、転売(インターネットオークションを通じての転売を含む)又は現金、商品券、プリペイドカード、その他の金券等と交換する行為。
  • (7)共催する両社や当サービスのサーバやネットワークシステムに過度な負荷を与える行為。
  • (8)コンピューターウイルスその他の有害なプログラムを含む情報を入力したり、送信したりする行為。
  • (9)共催する両社又は第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、肖像権、その他法令上又は契約上の権利を侵害する行為。
  • (10)共催する両社又は共催する両社の従業員になりすます行為。
  • (11)共催する両社との提携、協力関係があるように偽る行為。
  • (12)当サービスのプログラムを改竄、改変、リバースエンジニアリング等を行う行為。
  • (13)共催する両社又は当サービスに関する虚偽の情報を、SNS等で流布し、又は流布させる行為。
  • (14)特定の個人又は団体を差別、誹謗中傷する行為。
  • (15)共催する両社、他のユーザ又は第三者の名誉や信用を傷付ける行為。
  • (16)人種、民族、性別、宗教等で差別する行為。
  • (17)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする情報を記載したり、提供したりする等の行為。
  • (18)第三者になりすます行為。
  • (19)他のユーザに関する情報を無断で収集する行為、その他、他のユーザの迷惑となる行為。
  • (20)当サービスの運営に支障を来す行為。
  • (21)公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為。
  • (22)その他共催する両社が不適切と判断する行為。

第8条(権利帰属)

 当サービス及び当サービスで使用している各種コンテンツに関する著作権、特許権、商標権その他の知的財産権、 肖像権、パブリシティ権等の権利は、全て株式会社読売新聞東京本社又は株式会社Neo Sports、その他共催する 両社にライセンスを与えている者に帰属します。 当サービスの利用は、ユーザに対するこれらの権利の利用許諾を意味するものではありません。

第9条(当サービスの停止)

 共催する両社は、以下のいずれかの場合は、ユーザへの事前通知無く、当サービスの全部又は一部を停止する場合があります。

  • (1)システムの点検、保守又は工事のとき。
  • (2)システムの不具合や障害などのとき。
  • (3)当サービスを提供するために共催する両社又はユーザが利用する電気通信事業者の電気通信サービスに支障が発生したとき。
  • (4)ユーザからのアクセスが輻輳するなど、システムの容量を超える利用がなされたとき。
  • (5)天災地変、新型コロナウイルスなど重大な疾病の蔓延その他不可抗力によりサービス提供が困難なとき。

第10条(利用停止等)

  1. 共催する両社は、ユーザが以下の各号のいずれかの事由に該当すると判断した場合は、 事前に何ら通知すること無く、当該ユーザによる当サービスの利用を停止し、IDアカウントの再取得を制限できるものとします。
    • (1)本規約のいずれかの条項に違反した場合。
    • (2)ユーザが当サービスで使用しているIDが使用できなくなった場合。
    • (3)その他、共催する両社が当サービスの利用の継続を適当でないと判断した場合。
  2. 前項により共催する両社が当サービスの利用を停止したユーザに対しては、賞品を提供しない場合があります。
  3. 本条第1項各号のいずれかの事由に該当し、当サービスの利用が停止された場合、 当該ユーザに損害が発生した場合でも、共催する両社は当該損害を賠償する責任を負わないものとします。

第11条(損害賠償)

  1. ユーザが第10条第1項各号のいずれかの事由に該当したことにより共催する両社に損害が発生した場合、共催する両社に対して、当該損害を賠償する責任を負うものとします。
  2. 共催する両社は、当サービスの停止、ユーザの利用停止、当サービスの変更又は中止、機器の故障、ユーザ間の紛争、その他当サービスに関連してユーザが被った損害について、賠償する責任を一切負わないものとします。

第12条(個人情報の取り扱い)

  1. 個人情報の取扱については別途プライバシーポリシーに定める通りとします。
  2. 当サービスでは、ユーザの利便性向上のために、クッキー(Cookie)を使用いたします。 また、本サイトにおいてはサービス向上のためGoogle, Inc.のGoogle Analyticsを利用してサイトの計測を行っております。 これに付随して生成されるテキストファイル「Cookie」を通じて分析を行うことがあります。 サイト利用状況の分析、その他のサービスの提供目的に限りこれを使用します。 なお、「Cookie」は、ユーザ側のブラウザ操作により拒否することも可能です。 ただしユーザがクッキーの保存を許可しない場合、当サービスをご利用頂けない場合がございますのでご了承下さい。 また、「プライベートブラウズモード」で当サービスをご利用されると、ログインできなくなることがありますのでご注意ください。
  3. 当サービスに関連した個人情報に関するご質問等は、[support@inningking.jp]までご相談ください。

第13条(規約の変更)

  1. 共催する両社は、本規約の変更が当サービスの目的に反せず、かつ、上記変更にかかる事情に照らして合理的である場合、本規約を変更することができ、ユーザは予めこれを承諾するものとします。この場合、当サービスの利用条件は、変更後の本規約によります。
  2. 共催する両社は、本規約および当サービスの内容等を変更又はサービス提供を終了等する場合、 事前にその内容と効力発生日を、当サービスのウェブサイト上に表示する等の方法によりユーザに周知するものとします。 本規約および当サービスの内容等の変更の場合、当サービスの利用条件は、変更後の本規約によります。
  3. 本規約ならびに当サービスの内容の変更等は、当サービスのウェブサイトでの表示またはこれに類する方法でユーザに周知した効力発生日より効力を生じるものとします。

第14条(譲渡禁止)

 ユーザは、本規約上の地位を第三者に承継させ、又は本契約から生じる権利義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、 引き受けさせ又は担保に供してはなりません。

第15条(準拠法及び管轄)

 本規約は日本法によって解釈されるものとし、当サービスに関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条(読売新聞オンラインID連携)

 「読売新聞オンラインID連携(以下、「読売ID連携」といいます。)」とは、  共催する両社が提供する当サービスにおいて、株式会社読売新聞東京本社が運営する「読売新聞オンライン」  (以下、「連携元」といいます。)のIDを連携させるサービス(以下、「連携サービス」といいます。)をいいます。
  1. ユーザは、連携元のIDと当サービスのIDを連携することにより、別途定めたサービスを利用できるものとします。
  2. ユーザは、当サービスのID一つに連携元のIDを複数連携できるものとし、同一IDへの連携可能ID数には制限を設けません。
  3. ユーザが連携元のサービスを退会した場合、当サービスへのログインができず、これにより当サービスに関する会員の権利が失われる可能性があります。
  4. 読売ID連携をしたユーザは、本規約に記載がない事項については、読売ID利用規約の定めに従うものとします。
  5. 当サービスでは、読売ID連携により、利用ログ等やアクセス履歴に読売IDの会員識別が記録され、マーケティングの目的に利用する場合があります。
  6. 共催する両社は、登録・ログイン及び読売ID連携によって取得した個人情報についての利用目的及びその他取扱に関する事項については、共催する両社が別途定めるプライバシーポリシーに従って取り扱うものとします。
  7. 当サービスでは、ユーザ区分を確定させる目的で読売ID連携を行うものとします。ユーザによる読売IDやパスワード等の入力行為は必要としません。また、当サービスでは読売IDに関する情報は保存しないものとします。

第17条 「読売新聞/読売新聞オンライン」に関する問い合わせ

「読売新聞/読売新聞オンライン」に関するお問い合わせは、読者センターデジタル担当にて受け付けます。
読者センターデジタル担当(電話・問い合わせフォーム)
https://info.yomiuri.co.jp/contact/index.html#anc03

制定日
[2021年3月20日制定]